運命の出会いに直感を感じることもある

相性が良い相手とのデートの場合には、自分が自然体でいられる

将来結婚する人と出会ったときには、直感が働くといわれています将来をともにする運命の相手とのデートの場合にはストレスを感じることはありません相性が良い相手とのデートの場合には、自分が自然体でいられる

このような自分の頑張りに対し、自分が無理をしていると感じてしまえば、楽しいはずの恋愛が楽しくないものになってしまいます。
もしも毎回のデートで疲れを感じているようであれば、それは相手との相性があまり良くないということになります。
一方で相性が良い相手とのデートの場合には、自分が自然体でいられることに気づけることでしょう。
頑張らなくても、背伸びをしなくても大丈夫だと思えるものです。
一緒にいて楽であり、自分が素直でいられる、楽しいし安らぎを感じるけれども緊張もしないという、これまでにない感覚に気づくことができるでしょう。
このような場合、たとえ二人の間に沈黙がつづいたとしても、お互いに苦はならないはずです。
このような相手であれば、将来のイメージもしやすくなります。
そして喜怒哀楽のポイントが同じであったり似ている場合には、それも相性が良いことの表れと言えます。
笑うツボが似ていれば、一緒に何でも楽しむことができ、仲も深まりやすくなるものです。
笑いのツボだけではなく、泣き所や怒りのポイントなども似ていれば、お互いが相手に共感しやすくなることでしょう。
反対に喜怒哀楽の感覚が違えば、相手はどこでどのような反応するのだろうと相手の顔色ばかりをうかがうことにもなります。
これでは心が窮屈に感じ、自分が無理していることがわかります。
感性が似ていると感じた相手とは、その後の関係が深まる可能性が高いでしょう。
そして将来の結婚相手に対し、今までお付き合いをしてきた人とは何かが違うと直感的に感じることは多いようです。
例えば初めて出会ったのにもかかわらず、この人と出会うために自分が生まれてきたのだと強く感じる人もいるものです。
もしもて出会った瞬間に感情を揺さぶられるような相手が現れた場合には、その後に後悔しないようにするためにも連絡先の交換は忘れずにしておくようにしましょう。

出会いと別れ #PS4share https://t.co/jlDPZFQVZY pic.twitter.com/dj2vtU44pR

— syubo 12 @ROY&JUD (@syubo12) 2019年5月29日

出会い / with(ウィズ)運命よりも、確実な出会いを。