トップページ

    このサイトではアパート売却で高く売るためにおすすめの不動産一括査定サイトをランキングで紹介しています。
    「アパート売却で高く売ることができるおすすめの一括査定サイトはどこ?」ということが知りたい場合は以下のランキングで紹介しているおすすめの不動産一括査定サイトを利用してみてください。アパート売却であなたの不動産を高く売るために大切なことは、「複数の不動産会社に査定の依頼をして高く買い取ってくれる不動産会社を探すこと」です。手間と時間を惜しんで1社のみにお願いをしたり、付き合いのある不動産屋で査定をしてもらったりというのは手軽な反面、買取業者間での競り合いが起きないので間違いなく損をします。不動産一括査定サイトなら入力も数分で終わりますし、複数の不動産会社からの査定見積もりを比較することができるのであなたが所有しているアパートを高く売ることができます。アパートの売却というのは人生の大きなイベントなのでアパートを高く売却して、そのお金を有効活用しましょう。
    イエウール

     イエウールは、他の不動産の一括査定サイトに比べて結構新しい形態のサービスなのですが、参画している不動産会社は1500社以上と非常に多いところがおすすめポイントです。それに、実際に利用したユーザーから苦情・クレームの多い不動産会社はイエウールから契約を解除できるようになっているため、評判の悪い不動産会社は排除され、優良な不動産会社が残っていく仕組みになっています。大手は勿論地場に強い不動産会社までさまざまな企業が提携している為、「自身が持っているアパートをできるだけ高値で売却したい」と思っているならおすすめしたい査定サービスサイトです。査定項目の入力も60秒ほどで査定依頼ができるほどシンプルで、最大6社から提示されるアパートの査定価格を比較する事が可能なのです。もちろん、全国に対応していて利用は無料。今勢いのあるサービスなので、これからもっとユーザーが増加すると思われます。






    イエイ

     イエイは、サービスを開始してから10年以上経過していて、利用者数400万人以上という不動産の一括査定サービスサイト。数年来の業績がある為、不動産会社の登録社の数も1000社以上ととても多く、、最大6社から出されるアパートの査定額を比べられるのです。当然、悪徳企業は完全に排除。長年にわたるアパート売却で培われたネットワークがあるため、厳選された優良な不動産会社のみが登録しています。国内主要大手は勿論、地域密着型の不動産会社にもアパートを査定して貰うことが出来るので、所有しているアパートの市場価格を理解する為には利用する価値のあるサイトです。公式サイトには実際に不動産の高価売却に成功した利用者の感想と査定価格も載っているので一度見てみて下さいね。






    スマイスター

     スマイスターは、サービスを開始してから10年以上運営されている不動産の一括査定サービス。個人情報保護にも力を注いでおり、プライバシーマークを取得しているので安心して利用できます。利用者数は既に440万人を超えており、提携会社約1400社以上の不動産会社から最大で6社までアパート売却の査定申込ができます。「アパートの売却は企業によって何百万も違ってくるって聞いたから損だけはしたくない」という思いがあるのなら、一社だけでなく沢山の不動産会社に査定して貰うことが出来る一括査定サービスを有効に使ってください。公式のサイトでは45秒ほどの簡単入力で最大6社から出されるアパートの査定額を比較できるのでおすすめです。スマイスターのサービスを利用して不動産会社と契約したのちには、ちょっとした電話取材に協力するとギフトカードが頂けるキャンペーンを実施中です。






    マンションナビ

     マンションナビは、サービス名から分かると思いますがマンションが専門のマンション売却の一括査定サービス。マンション査定のために必要な入力事項もものの45秒で完了しますし、ネットで簡単に申し込むことが出来ます。マンションの査定に特化している為、所有マンション売却に強い会社が登録していて、大手不動産会社から地元の不動産会社の全国700社以上の中から選りすぐりの不動産会社を最大9社紹介してもらえます。利用者数も360万人を超え、各種メディアでも取り上げられるほどの人気サイトなので、「自分が所有するマンションを極力高額で売りたい」と思っているのなら是非利用してみてください。それから、他の査定サイトと違う部分として賃貸査定もしてもらえるので、「数年地方で生活するんだけど、ゆくゆくは戻ってくるので売却はちょっと…」と考えている場合にもお薦めしたいサービスです。






    HOME4U

     HOME4U(ホームフォーユー)は、NTTデータグループが運営している日本最大規模の不動産の一括査定サイト。2001年に運営をスタートした国内初の不動産の一括査定サイトで、運営歴が15年以上あるので安心して利用できます。不動産売却のこれまでの実績があるので悪質な不動産会社を排除しているというのもおすすめできる理由の一つ。厳しい審査を経た約900社の優良不動産会社が揃っており、最大で6社の不動産会社がアパートの査定額を出してくれます。「アパート売却で高く売りたいから査定相場を調べたいけど、自分で不動産会社を探して連絡するのは大変…」と悩んでいる場合は、申し込みが1分で完了しいくつかの不動産業者が出してくれた査定見積額を比べられるホームフォーユーがおすすめです。アパートの査定相場を調べて不動産売却で高く売るためにまずは使っておきたいサービスです。






    不動産売却コラム

    あとになって良い取引だったと思えるように、居宅を売却する際は留意しておきたいことがあります。

    似たような物件の流通価格を調査しておき、相場を把握した上で、最低でも二つ以上の不動産会社に査定してもらうことです。

    何にでも言えることですが相場に対して全くの無知では、見積額の妥当性を見極めるモノサシを持たないで大きな取引をすることになります。

    相場を知っていたからといって業者に敬遠されることはないですし、相場知識は不可欠です。

    住宅を売却する際、仲介業者の手を借りずに個人対個人で済ませることも可能ですが、それを実践する人はまずいません。

    素人考えで取り引きするとあとでトラブルに発展した際に対処しきれないかもしれません。

    土地建物などの売買ではあらかじめ物件を調査した上、非常に細かい契約内容を作成する必要があるため、ほんのささいな不備や行き違いだけで金銭面や法律上のトラブルに巻き込まれることがあります。

    知識のある専門業者に委託するのが最もストレスフリーで安全な方法でしょう。

    うまく買手が見つかって住宅を売却した場合、売主側の現住所(住民票上の住所)と売却物件の住所とが違っている場合は、登記名義人(売主)の住所変更登記が必要ですから、住民票と印鑑証明書が必要ですから、とっておきましょう。

    契約日が迫ると忙しくなるので早めに用意しておいた方がいいですが、書類には有効期限というものがありますので、肝心のときに期限が過ぎていたら意味がありません。

    発行から3ヶ月を過ぎた書類は、内容に変更がなくても無効です。

    自分で買い手を探すのではなく、外部に依頼して一戸建てを売る場合、依頼した不動産業者に手数料を払わなければいけません。

    仲介手数料は、売買価格の3.24パーセントに64800円を足した額が上限と法律によって規定されているため、もし売買価格の予測が立っているのであれば大まかな金額を予想することができるでしょう。

    しかし、買い手が不動産業者自身ならば、仲介手数料はいりません。

    さらに、所有権移転登記にあたっての諸費用は普通は買主に請求されます。

    中古住宅の価格を知るなら不動産査定ソフトという手もあります。

    地域、築年、面積、地目などという基本的な物件情報を入力すると、ソフト内に所収の路線価や財産評価基準など様々な数字から物件の評価額を自動的に算出するアプリです。

    フリーソフトと有料の違いはあるようですが、免責事項として「簡易版」や「実際とは異なる」と謳っているように、現地調査の上でプロが下した見積額と比べるとかけ離れるケースも実際にはありますが、物件の価値を客観的に見ることができるので、役に立ったという人もいます。

    一般的に、不動産の査定は土地の価格相場や、それまでの売却事例を参考に総合的な判断がされています。

    もちろん、一通りの査定以外にも、会社によっても独自の査定基準があるので、提示される査定金額が異なるのです。

    具体的な査定額の理由を、不動産会社は公開する責任があると宅地建物取引業法によって義務付けられています。

    もし、疑問が生じたら答えてもらう権利があります。

    不動産物件が売却できなくて困っていたら、これからお話することを確かめてみましょう。

    ありがちなのは、物件の掃除がいいかげんだったり、電球が切れていたりといったケースです。

    物件の手入れが十分かどうか、今一度、チェックしてください。

    そして、契約を結んだ仲介業者がきちんと広告活動を行っているかも確認しておきたい点です。

    それらを確認したら、最後に価格設定についてもおかしくないかを再チェックしましょう。

    購入希望者が探し出せない時は、やや値段を下げることや不動産会社が買い取ってくれるのなら、それも考慮してみましょう。

    新居購入に際して組む住宅ローンでは、ローンの貸付は家が建築されてから始まることが一般的です。

    よって、それまでの間(注文住宅を購入し建設が始まってから完成するまで)に生じる工事の着工金などの費用はローンを当てにせずに間に合わせなければならないのです。

    元々住居としていた物件を売却したお金があれば安心ですが、買い手が見つかる前にお金が必要になるかもしれません。

    つなぎ融資はそうしたケースに対応すべく短期の貸し付けを行います。

    極力早くに不動産物件の売却先が見つかればそれに越したことはありませんが、万が一、販売価格を下げるタイミングをしくじると多大な損失が発生します。

    売りに出されて程なく値下げがあると、底値はまだだなという期待を持つ買主も少なくないでしょう。

    ですから、物件への問い合わせ数の推移などから分析し、売り出してから動きがなく半年以上が経っているなら値下げの検討を始めてもいいでしょう。